【耐震性】耐震等級3と地盤のバランスについて|浜松|浜北|磐田

住まいづくりをする時に気になるのが「耐震性」。私たちが暮らす遠州地域は、大地震がくる可能性があると長年言われています。

そのような大地震に備え、スリースターズハウスがご提供するすべての住宅では「耐震等級3」の基本性能を備えることを確約しています。

しかし、住宅自体が耐震性に優れた構造の家であっても、地盤に問題があれば地震に耐えることができません。地震に強い家は、耐震性能に優れた頑丈な建物と地盤の強さの2つが必要になってきます。

今回は、住まいづくりをする時に気をつけたい「耐震性」と「地盤」の関係についてお届けしたいと思います。

地震に強い家には、頑丈な建物と地盤のバランスが大切!

周辺の環境はもちろん、土地のもともとの環境は、住まいづくりをする上で気になるポイントの1つ。以前は何があったのか、どのような地盤なのか気になるところです。

しっかりした地盤の土地だと安心ですが、沼や田んぼを埋め立てて造成した水分を含んだ土地だと、地震のときに大丈夫か不安になってしまいますよね。

土地探しをする際、毎回、自分で地盤調査はできないので、住宅地の中にあるのか、近くの沼や田んぼなどの有無、造成や整地がされて日が浅いのか、近くの道路や建物に陥没や亀裂はないかなど、可能な限りチェックしてみるのもおすすめです。

また、国土地理院の「土地条件図」を見ると、土地の成り立ちを確認でき、地盤の強弱を推測することができるので便利ですよ。

しかし地盤が弱くても、「地盤改良工事」を行えば、建築に適したレベルに強度を上げられます。その際は、地盤改良費用もかかることをお忘れなく!

わからないことがあれば不動産会社に相談してみてくださいね。

耐震等級3について

建物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級のことを「耐震等級」といいます。耐震等級は1~3に分けられており、スリースターズハウスがご提供するすべての住宅では、もっとも耐震性の高い「耐震等級3」の基本性能を備えています。

いつ起こるかわからない大きな地震の備えとして、建物の損傷のリスクを軽減する耐震等級3の住宅だと安心感が増します。

また、住宅ローン減税の最大控除額が大きくなる可能性があり、地震保険では、耐震等級割引なども適用されるのもメリットの1つ。

しかし、間取りに規制がかかったり、思い通りのデザインに仕上がらないといったデメリットもあるので、こだわりや予算など、慎重に考える必要があります。

建物の耐震性が重要なのは当然ですが、建物だけではなく「地盤」とのバランスによって、地震による建物の破損や倒壊に影響するので、土地を買う前に不動産会社などに地盤についてしっかりとチェックしてもらい、確認するのをおすすめします。

 

●お問い合わせはお気軽にどうぞ
LINEまたはメールでお問い合わせ

CONTACT

LINEで問い合わせる

※いつでも解除できます

ID: 3StarsHouse浜松

メールで問い合わせる

下記フォームに必要事項をご入力の上、送信ください。