【高断熱・高気密】の住まいで省エネ対策!|浜松|浜北|磐田

すっかり肌寒くなり、日が落ちるのも早くなりましたね。秋を感じると同時に、もうすぐやってくる寒い冬に備え、ストーブや暖房器具を出したり、衣替えをしたりと、冬支度をしている方も多いかと思います。

家で過ごすことが多くなるこの季節。やはりこれから家を建てるなら「夏は涼しく、冬は暖かく」という家に住みたいですよね。

そこで今回は、最近よく耳にする「高断熱」「高気密」の住まいについてお話したいと思います。

「高断熱」「高気密」が省エネにつながる理由

断熱とは、読んで字の通り「熱を断つこと」です。冬は家の中の熱を外に逃さず、夏は家の外の熱を中に入れないように断熱する必要があります。

私たちがおすすめするZEHは、冷暖房をできるだけ使用しないで暮らせるよう、断熱性を高めることが条件になっています。

屋根や壁、窓を通して屋外の冷たい空気が入り込まないよう、性能のよい断熱材を使うことで、家の中の温度が外気に影響されることはありません。

1年を通して、家の中を快適な温度に保つのが「高断熱」の住まいなのです。

しかし、家の中には壁と窓枠の間、配管周囲など、どこかしら隙間があり、そこから熱がでていきます。

「高気密」の住まいは、隙間が少なく、熱を逃さない性能なので、部屋の中を長時間暖かく保つことができます。

「高断熱」と「高気密」のダブルの効果によって、1年中、家の中を快適な温度に保つことができ、冷暖房の使用頻度が減るので、省エネにもつながるのです。

地球にもお財布にも優しい性能なのですね。

冬によく耳にする「ヒートショック」

その他にも、「高断熱」「高気密」は家族の健康にも影響するということをご存知でしたか?

住まいと健康の関係で、よく耳にするのが「ヒートショック」です。

ヒートショックとは、家の中の温度の急激な変化により、体に及ぼす影響のことです。

特に高齢者の場合、冬場の寒い時期の入浴時に、脱衣所とお風呂場の急激な温度差により、血圧や脈拍を変化させ、心臓に大きな負担をかける可能性があります。

入浴時だけではなく、暖かいリビングから廊下にでた時、ぞくっと寒さを感じる経験をしたことはありませんか?

「高断熱」「高気密」の住まいでは、各部屋の温度が一定に保たれているため、そのような経験や負担をぐっと減らすことができます。

「高断熱」「高気密」には「換気」が大切

少しの暖房の使用で、暖かく過ごせる家は快適ですが、冬の結露も気になるポイントの1つです。

結露により、気づかないうちに体調不良になることもあります。

また、結露によって生じる湿気が、家の木材の水分を増やすことにより、木材が腐り、建物の寿命を早める可能性もあります。

そうならないためにも、「高断熱」「高気密」の住まいでは、計画的に「換気」することが必要になってきます。

 

寒さや暑さを和らげてくれるだけではなく、省エネや健康にもつながる「高断熱」「高気密」の住まい。

冬の寒さが苦手な方はもちろん、省エネに取り組みたい方、家族の健康が気になる方、ぜひ「高断熱」「高気密」の住まいをご検討ください。

●お問い合わせはお気軽にどうぞ
LINEまたはメールでお問い合わせ

CONTACT

LINEで問い合わせる

※いつでも解除できます

ID: 3StarsHouse浜松

メールで問い合わせる

下記フォームに必要事項をご入力の上、送信ください。

captcha